[TEPPEN]2024年2月のバランス調整について

TEPPEN

本記事にはプロモーションが含まれています

こんにちは。ついにバランス調整が発表されましたね。今回はその内容について思ったことをつらつらと辛口で述べていこうと思います。

調整されるカードは以下の通り↓

レジスタンスの英雄 ゼロ

単純にHPが2増えました。このカードはhp5のままでも十分強かったのですが、なんかさらに強くなっちゃいました。赤単には余程のことがない限りは最後まで使われるのではないかなと思います。

赤のウェスカー枠になりそう。

ジョー

これは本当にいけません。赤目覚め終了のお知らせ。ナーフ前でも赤目覚めはめっちゃ強いデッキではなかったのにこのナーフのせいでもっと弱くなってしまいました。赤目覚めというデッキは安定して目覚め回数を稼ぐ必要があります。今までは苦し紛れの目覚めでも最低一体倒せるくらいのバリューはありましたが、ナーフ後は1ダメージ、2ダメージ程度しか与れず、そのまま負けます。

これナーフしたら赤目覚め終わるからせめて+2→+1へのナーフまたは他のカードを弱くすべきではないかと思ったがもう遅い。4月の新弾で新規目覚めが追加されればわんちゃあるかなという感じ。

アヌビステップ・ネクロマンセス3世

このカードをいじる必要はなかったんじゃないかなと思います…

レオンの2*3ダメージでやられますし、コルボーでもやられます。スタッツではなく能力を弱体化すべきでは?

果たしてこのユニットの弱体化すべき点はスタッツなのか能力なのか、少し考えたらわかりそうな気もします。

よくわからない調整にならないためにも、私たちは調整理由を書いてほしいと毎回言っているわけです。

タマシイ

ついにナーフされた最強カード。思っていたよりは変わらなかったですね。

肝心な効果はそのままでした!4/7倒したら3/6と4/7が0mpで出てくるのまだ強い。

バフが無くなったのはだいぶ大きいですね。

ゆうれいのオトモダチ

強すぎた全体バフは削除です。回収も1体に減らしてくれればニコニコでした。

ベガドンナ

これ、状況によっては上方修正が裏目になることがあります。

選別や思惑通りの対象に取れない、サンタナでバウンスできない、堕落で対象に取る時に必要な目覚めの回数に影響が出るなどです。

ですが基本的には弱体化なので喜んでいいと思います。

忍術が使える狸

1mp→3mpへのナーフです。運営かなり気合い入ってます。絶対に封鎖を弱体化させるという強い意志を感じます。この弱体化によってお手軽に封鎖回数を稼ぐことができることが難しくなったと思います。また、たった1mpで相手の枠を封鎖できることも破格でした。

3mpに弱体化するとなるともう使われることは少なくなるのではないかなと思います。

伊達と片倉ナーフはナーフないんだっていひと結構多いけど、このカードが実質削除されたならその2枚も間接的に使いにくくなるし、実質3枚ともナーフみたいなものだと思ってます。

あと、3mpにしたのも勇断だと思う。なぜなら2mpならあんまり変わらないから。

2mpだとみんな引き続き使うけど3mpだと流石に使わないでしょ、入れても1枚。そういうことです。

思惑通りのバトル

問題のカードです。消費mpが1上がりました。

teppenには1つの基準があって、それが条件なしでexポケットに戻すことができるカードの消費mp=戻すことができる上限mpです。例えば、魔神の恫喝は4mp消費して最大4mpまでのユニットをexポケットに戻すことができます。威圧は3mp消費して最大3mpまで戻すことができるように、無条件で戻すことができるユニットは消費したmpまでという基準があったわけです。ですがこのカードはその基準を壊してしまいました。無条件で4mp消費で5mpまで戻すことができたため、使うだけで盤面その場しのぎをしつつmpアドバンテージを1えることができてしまいました。さらに、戻した枠を5秒間封鎖するというメリットまであります。相手の枠封鎖も1mp程度の価値があると考えれば、封鎖デッキにおいては使うだけでアド確定する最強カードですね。

ナーフ後は最強カードから普通に使えるカードにランクダウンしただけなので、封鎖軸には引き続き採用されると思います。思惑通りを2枚抱えている状況のmpの抱え方が少し難しくなる気がします。

スノーガルム

形態変化に採用されているカード。スタッツがアッパーされました。

今月までは、タマシイの除去耐性が高すぎて、黒単のデッキが弱い状況なので、来月からの形態変化に期待しましょう。

ヒッタイト・ホッタイド

形態変化に採用される可能性を秘めた一枚になりました。

1/3/7臨戦、エナジーで敵ユニット一体破壊。

まあまあ強いと思います。

チャージショット

ヒーローアーツ強化枠。

大盾といかに差別化するかですね。アーツによってHPを上げることはができないためユニットの延命として使えなく、立ち回りやアクションの使い所に慎重にならないといけない代わりに攻めの面でダメ押しや強行突破を仕掛けることができる点が強力だと思います。

全体的にはまずまずでしょう。3ヶ月に一度に調整スパンが変更されたため流石にしっかりテコ入れしてきましたね。3月は過去弾が追加されるそうなので新環境に期待です。自分はアンリミテッドのカード全部砕いてるので一切使えません。

はやく新弾触りたい。。。。

最新記事はこちら⇩

[TEPPEN]2024年2月のバランス調整について

人気記事はこちら⇩

[TEPPEN]2024年2月のバランス調整について
ブログ始めました

コメント

タイトルとURLをコピーしました